ホーム > ニュースリリース

ニュースリリース

過去のニュースリリースは下記をご覧ください。

[第1回 配信] 2017/2/20  CareTEX2017開催概要

[第2回 配信] 2017/2/28  特集1:人手不足の介護現場にICT/IoT活用で光を!

[第3回 配信] 2017/3/7   特集2:どう確保する!? 高齢者の「安全」「安心」

[第4回 配信] 2017/3/9  特集3:AIやロボットが介護現場を変える!




2017年3月9日 配信

AIやロボットが介護現場を変える!

最先端の介護ロボットが一堂に

CareTEX2016会場風景

3月15日より三日間、東京ビッグサイトにて介護業界・日本最大級の商談展示会「第3回CareTEX(ケアテックス)2017」を開催いたします。(主催:ブティックス株式会社) 高齢者人口の増加や介護士の不足に対応するため、政府はロボットの開発・導入に助成金を出すなど、普及促進を図っています。最先端の介護ロボットやシステムを実際に見て、触れることができる「介護ロボット特別展示コーナー」には、介護施設への導入を検討する事業者が多数来場します。



●介護ロボット特別展示コーナー 出展商品(抜粋)

介護ロボット特別展示コーナー 出展商品(抜粋)

●介護ロボット特別展示コーナー出展社一覧(順不同)

シャープ(株)、(株)ロゴス、(株)テレノイド計画、アースアイズ(株)、(株)アム、NECソリューションイノベータ(株)
(株)ライフ、RT.ワークス(株)、(株)えがお、(株)エルエーピー、ダイヤ工業(株)、(株)エスケーエレクトロニクス
キョウワアグメント(株)、(株)インフィック・コミュニケーションズ/イサナドットネット(株)



注目のAI介護支援ロボット


テレノイド

認知症のお年寄りが居住する介護施設に導入されて効果を現している、介護支援ロボット「テレノイド」(螢謄譽離ぅ彪弉茵法C棒とも女性とも、あるいは幼い子とも大人とも見える不思議な顔をしています。会場で実際に体験できるほか、CareTEX2017会場限定価格での販売も行われます。また、テレノイドを開発した大阪大学の石黒教授によるセミナーも行われ、介護現場での活用の可能性についても知ることができます。




介護ロボットの普及を業界も後押し


リビング・オブ・ザ・イヤー表彰披露式

日本国内の高齢者住宅より、最も優れた取組みをしている高齢者住宅を表彰する「リビング・オブ・ザ・イヤー」(主催:高齢者住宅経営者連絡協議会)でも、全7部門のうちの1つに『介護ロボット活用部門』を設け、取組事例を紹介しています。2016年度の同部門の最優秀賞は「グッドタイム リビング センター南」が受賞しました。
CareTEX2017のリビング・オブ・ザ・イヤー受賞ホーム発表展示コーナーでは、介護現場の素晴らしい取組みの数々を知っていただくため、全部門の最優秀賞受賞施設および大賞受賞施設のパネル展示を行います。



大阪大学 石黒教授も講演! 第一人者による専門セミナー


会期中60セッション開催される専門セミナーでは、業界動向や最新技術の活用事例をテーマに業界の第一人者が講演します。聴講希望の方は、事前にホームページよりお申込ください(無料)。





無料で入場できる来場事前登録、招待券の請求はHPから


展示会への入場には「来場事前登録」または「展示会招待券」の持参が必要です。(左記以外の場合は、入場料5,000円が必要)商談に集中できる環境を作るため、一般ユーザー・学生・18才未満の方の入場はお断りしています。来場事前登録/招待券の申込み(無料)は下記リンク先よりお申し込みください。

その他、詳しいお問合せ・取材申込はこちら  CareTEX事務局(担当:菊地)

◆TEL: 03-6303-9801  ◆MAIL: pr@caretex.jp



ページ上部へ